春のダイアローグ2020開催決定!

2020年3月27日(金)、高円寺にての開催。

プログラムも決定しました。

今回のテーマは『生まれて、生きて、死ぬからだ』。

 

春を祝うワクワクする”対話”が、今回も3部構成で実現です。

 

 

◆ご挨拶 久保隆司(ソマティック心理学協会)

 

◆WS「〈からだ〉が生まれるとき〜対話と実験的ワークを通して〜」

 藤田一照さん(曹洞宗僧侶 協会顧問)+椎名亜希子さん(ボディワーカー/ロルフィング)

 

WS「生と死の間(あわひ)をマイムで体験する」
 藤本靖さん(身体論者、ボディワーカー)+JIDAIさん(マイムアーティスト)

講演「死にゆく人の心に寄りそう」
 玉置妙憂さん(看護師・僧侶 非営利一般社団法人大慈学苑 代表理事)

対談:玉置さん+佐野浩子さん(日本プロセスワークセンター代表理事/認定コーマワーカー)

全体での座談会(Q&A)
 登壇者全員+長谷川智さん(コメンテーター)、久保(進行)

主催:日本ソマティック心理学協会



ソマティック・リソース・ラボは、「ソマティック」に関心を持つ人たちが交流し、そしてソマティックについて深く学ぶための情報提供サイトであり、体験・実験の場です。

 

さて、ソマティックとは何でしょう?

ちょっと説明したいと思います。


関係書籍情報

ソマティック心理学への招待―身体と心のリベラルアーツを求めて」

心と身体の新しい次元への扉を開く統合的な学び・生き方を問う。

本書は2014年に発足したソマティック心理学協会の創設メンバーが長年にわたり取り 組んできた、理論・実践両面の研究成果を盛り込んだテキスト群である。

〈ソマティック〉な「エデュケーション」「サイコロジー」 「スピリチュアリティ」の3領域を探究する。


ソマティック心理学」

 調和の取れた心身統合をめざし心身のつながりを統合的に探究する最新の心理学(インテグラル・ソマティックス)を説くガイドブック。


心身のつながりを統合的に探究する“身体心理学(ソマティック・サイコロジー)”を総説。