日本ソマティック心理学協会 第8回記念大会2021

(更新日:2021年7月4日)

 

大会テーマ:こえて、つながる「ソーマ」(身と心)

 

日時:1009日(土)1000-1800

1010日(日) 930-1800

 

会場:早稲田大学・戸山キャンパス(33号館・36号館)

    (所在地:〒162-8644 新宿区戸山1-24-1)

    ⇒キャンパス案内図はこちら(早稲田大学公式ホームページ)

 

 

交通アクセス

 

【電車】

JR山手線)「高田馬場」駅から徒歩20分

西武新宿線)「高田馬場」駅から徒歩20分

地下鉄東京メトロ東西線)「早稲田」駅から徒歩3分

副都心線)「西早稲田」駅から徒歩12分

 

【バス】

学バス)高田馬場駅 – 早大正門、「馬場下町」バス停


◆プログラム

 

*各分科会・ワークショップは当日自由に選択。ただし三密を避けるため、ワークショップは20名を基準。

 それ以上の場合、別クラスへの移動を願いすることがあります。

*本大会は、リアル対面型ですが、時節柄、一部オンラインとのハイブリッドでの登壇の場合もあります。

*諸事情により内容が一部変更の場合もあります。

 

(プログラム詳細は随時更新いたします。)

10月9日(土)講座一覧

---------------------------

10:00-10:10

開会挨拶

大会会長:宮田裕光(早稲田大学文学学術院教授)

 

---------------------------

10:15-12:00

●朝の5つの分科会&ワークショップ

 

[分科会]

 

■1■精神医療部門:

「コロナ時代とソマティック」

・「新型コロナ社会下における身体からみた心体問題」

中田英之(泉州統合クリニック院長/本協会運営委員)

・「新型コロナが精神科領域にもたらした影響」

田上真次(大阪大学大学院医学系研究科准教授)

・「コロナ禍の大学と学生」

柳澤広美(上智大学学生局長)

・「かかりつけ心療内科から見た心身医療」

遊佐裕子(小池診療所院長)

 

■2■身体心理学部門:

「コロナ禍におけるポリヴェーガル理論の応用可能性」

山口創(桜美林大学教授・臨床発達心理士/本協会副会長)

花澤寿(千葉大学教育学部教授 精神科医)

藤本靖(環境神経学研究所代表/本協会運営委員)

浅井咲子(アート・オブ・セラピー代表・公認心理師)

 

[ワークショップ]

 

■3■「マインドフルネスと身体性~身体に向ける態度 見張るから見守るへ~」

山口伊久子(マインドフルネス&ヨガネットワーク代表 日本マインドフルネス学会理事)

 

■4■「朴-佐々木式速読法における心身の統合」

佐々木豊文(NBS日本速読教育連盟理事長 工学博士)

 

■5■呼吸・声・動き~動きの中で休息する、気づきの中で休息する~

 老沼陽子(コンティニュアム・ムーヴメント認定教師) 

 

---------------------------

13:00—13:10

●協会会長挨拶

久保隆司(日本ソマティック心理学協会会長) 

 

---------------------------

13:10—13:50

●基調講演

「ポストモダン/ポストコロナの今、越えて繋がる世界を構想する」

長谷川敏彦(未来医療研究機構代表理事/本協会顧問)

 

---------------------------

14:00—14:40

●教育講演

「身体性と意識の数理」

 光吉俊二(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)

 

---------------------------

15:00—16:00

●特別対談

テーマ:「詩と身体」

片桐ユズルと谷川俊太郎

 

---------------------------

16:20—17:40

●パネルディスカッション

テーマ:こえて、つながる「ソーマ/身と心」

パネリスト: 本日の登壇者等多数(進行:宮田裕光)

 

10月10日(日)講座一覧

 

---------------------------

9:00—9:20

●協会総会(会員のみ)

 

---------------------------

9:20—9:30

●二日目オープニング挨拶

宮田裕光(大会会長)

 

---------------------------

9:30—10:10

●朝の共通講演

「マインドフルネス―注意と身体―」

越川房子(早稲田大学文学学術院教授 日本マインドフルネス学会理事長

 

---------------------------

10:15—12:00

●朝の6つの分科会&ワークショップ

 

[分科会]

 

■1■ソマティック・エデュケーション部門:「身体知の実践」

射手矢岬(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)

榎本澄雄(株式会社 kibi 代表取締役、元警視庁警部補)

望月泰博(理化学研究所脳神経科学研究センター研究員、早稲田大学非常勤講師)

長谷川智(山伏、一橋大学非常勤講師/本協会運営委員)

 

■2■ソマティック心理療法部門:「サイコセラピーの現状と未来、そしてソマティック:

SPC構想の可能性」

久保隆司(臨床心理士、早稲田大学非常勤講師/本協会会長)

鈴木孝信(公認心理師、Brainspotting国際トレーナー)

松村憲(臨床心理士、認定プロセスワーカー。(一社)日本プロセスワークセンター教員)

浅井咲子(公認心理師、神経自我統合アプローチ〔NEIA〕開発者)

 

[ワークショップ]

■3■「Social Emotional and Ethical Learning  - マインドフルネスとコンパッションに基づく教育とは」

井本由紀(教育人類学者・慶應義塾大学専任講師)

 

■4■

「ソマティック・ワークとしての坐禅〜「自己の正体」を生きる〜」

藤田一照(曹洞宗僧侶/本協会顧問)

 

■5■

武道における「動」の瞑想

丸山貴彦(一般財団法人天真会 剣武天真流本部正師範 四段)

 

■6■

「“ソマティック”とデジタルコミュニケーションのゆくえ」

阪井祐介(SRE AI Partners(株) ゼネラルマネージャー)

小笠原和葉(ボディーワーカー、東北大学医学部大学院研究生)

 

---------------------------

13:10—13:50

●昼の共通講演

「身心相関の観点からみた禅定の実践―アーラヤ識説をてがかりに―」

山部能宜(早稲田大学文学学術院教授)

 

---------------------------

14:00—15:45

●昼の5つの分科会&ワークショップ

 

[分科会]

 

■1■総合人文科学研究センター「心と身体の関係と可塑性に関する学際的研究」部門

「哲学、心理学、医療 ―横断する心と身体の研究―」

小村優太(早稲田大学文学学術院准教授)

宮田裕光(早稲田大学文学学術院教授/本協会運営委員)

村松聡(早稲田大学文学学術院教授)

 

■2■「身体と霊性」部門

「整体から観る生命」

山田昌広(整体指導者)

合田秀行(日本大学教授/本協会事務局長)

長谷川智(山伏、一橋大学非常勤講師/本協会運営委員)

 

[ワークショップ]

■3■「心と身体を拓く笑いヨガ」

高田佳子(日本笑いヨガ協会代表、日本応用老年学会理事)

 

■4■「アイボディ」

片桐ユズル(京都精華大学名誉教授/本協会顧問)

 

■5■「南米発祥・生命のダンス~ビオダンサ」

内田佳子(国際ビオダンサ連盟公認ダイダティック・ティーチャー)

 

---------------------------

16:00-17:30

●ソマティックカフェ(シェアリング交流会)

 

 

◆参加方法

申込方法

2021年8月下旬ごろより申込受付を開始します(予定)

参加料金(事前申込)

2日間通し:14,000円

1日目のみ:7,000円

2日目のみ:8,000円

 

*当日参加の場合:上記料金に、1,000円/日の追加料金がかかります。

*本年度協会会員並びに共催・後援団体会員は、上記料金に1,000円/日のキャッシュバックがございます。

 当日受付にてお申し付けください(当日の受付にてのみ有効)。

 

◉特別学生料金:学生証(フルタイム)の提示により、早大生無料。他大学生は1,000円/日。

 

*時節柄、懇親会はありません。

◆お問い合わせ

お問い合わせは、下記、協会運営委員会事務局まで。

info@somaticjapan.org

日本ソマティック心理学協会運営委員会事務局

協会ホームページはこちら

 

主催:日本ソマティック心理学協会

共催:早稲田大学文学学術院・総合人文科学研究センター

後援:日本マインドフルネス学会

 

 

大会会長:宮田裕光(早稲田大学) 大会実行委員長:久保隆司(日本ソマティック心理学協会会長)