【講師インタビュー第16回 神宮京子さん】 からだを通した全存在でのかかわり合いから、相手とともに1つの山と谷を越える。「ダンス/ムーブメントセラピー」

リラックスしているときはのびのびと歩いていたり、落ち込んでいるときは猫背になっていたり…。動きは、人のこころを如実に反映しています。

神宮京子さん
神宮京子さん

10月11日(金)に開催される「ソマティックフェスタ2019」の講座の1つ、「ダンス/ムーブメントセラピー(以下、DMT)」は、動きを通して相手のこころの深い部分を見て、こころのブロッキングなどを解放していくセラピーです。

 

DMT、そしてダンスが持つ変容の力について、セラピストの神宮京子さん(写真)に、お話を伺いました。


物心つく前からダンスが好きだった

 

――今日はお会いできるのをとても楽しみにしてきました。まず「ダンスセラピー」ってどんなものかを教えていただけますか。ただ踊るだけでも、いろんなことを感じるとは思うのですが…。

 

神宮 「ダンスセラピー」の定義って難しいですよね(笑)。まず学術的なことを説明すると、アメリカやヨーロッパでは、「ダンス/ムーブメントセラピー」や「ダンス/ムーブメントサイコセラピー」という心理療法の分野として確立されています。60~70年くらいの歴史がありますね。

1930年代のアメリカには、戦争帰還兵のPTSDのような「戦争トラウマ」に陥っている人たちがいたのですが、向精神薬が現在ほど開発されておらず、いろんな療法が試され始めていた時期だったそうです。

また、その以前から世界のダンス業界では、ダンカンやウィグマンによって、クラシックバレエのような型のある動きから、「自由に身体を動かして、解放していく」という流れが起きていました。

そして1940年代に入ると、問題を抱えた子どもや精神疾患を抱えた人たちに対するワークとして、ダンスを使う試みが始まるようになりました。さまざまな対象者との実験的なワークと、精神分析や動作分析、発達心理などの理論などを組み合わせて。そうして次第にダンスセラピーの方法論が確立していった、と。

ダンス/ムーブメントセラピー
(自由なからだの動きを妨げない)

――セラピーとしてのニーズとダンスの発展が、連動して起きたわけですね。神宮さんもダンスがずっとお好きだったのですか。

 

神宮 はい。私もコンテンポラリーやモダンダンスをずっとやってきました。親が言うには、記憶にないくらい幼い頃からテレビの前で踊っていたらしいです。ピンクレディも全部踊れたし(笑)。また、踊りだけではなく、演劇をやっていた時代もあったんですけど、だんだんと「言葉ではない部分」で表現する面白さに惹かれていって、ダンスのほうにフォーカスするようになりました。踊って気持ちが解放されたり、ダンスが人生に行き詰まったときの支えになったり…そういう経験はたくさんしてきたと思います。

 

――そんな中で、ダンスムーブメントセラピー(以下、DMT)にはどう出会ったのでしょう。

 

神宮 たまたま知り合った人が「DMTを勉強している」と教えてくれたんです。「そういうものが世の中にはあるんだなあ」と知って、1994年に大学院に入りました。

当時、ニューヨークに住んでいて、ダンスや演劇と並行して、発達に遅れがある子たちにプレイセラピーをするグループの活動にも携わるようになっていました。発達が遅れた子もいろんな形で自分の気持ちを表現していて、誰かにわかってもらいたいと思っているのを感じ、支援の仕事にも携わりたいと思うようになっていたんです。DMTと出会ったのは、さまざまな偶然の積み重ねでした。

 

解放だけではなく、心身を「統合」していく

 

――それでDMTとは、どういうものなのでしょう。どのような手順ですすめていくのですか? 

 

神宮 決まった方法や手順はなくて、相手に合わせてオーダーメイドでやっていきます。たとえば病院で、その日いる患者さんと即興で行うなら、アセスメントをしている時間がないときがあります。その場で様子を見て、「今日はちょっとサポーティブにいこうかな」などと判断してワークしていきます。

個人セッションの場合は事前に面接をします。DMTだけで全ての問題が解決できるわけではありませんから、最初の2〜3セッションは、私とクライアントとの相互作用でどういうことが起こり得るか、動きながらアセスメントをしていき、「DMTではこういうことをやっていきましょう」と相手の合意をとった後で、本格的に進めていきます。

 

――どんな感じで踊ったり動いたりするのですか?

 

神宮 クライアントの何気ない仕草から「ある枠組み(振付)」を展開して共に動く方が良い場合もあれば、お話を元に、「じゃあ、その気持ちを動きにするとどうなるでしょう?」とこころを動きに移し替えて表現を育てていく場合もあって、ほんとうにケースバイケースですね。

人によって、自我の強さや、自分で考えクリエイトしていく力、不安に耐えられる強さは違います。ですから、セラピストは、ワークによってクライアントからいろいろな感情が吹き出すことを知る必要がありますね。クライアントが自分の内側にどれくらい入る力があるか、自分の外側にどのように出せるか(表現)というアセスメントを行うことも大事です。感情も、怒りにアクセスしやすい人もいれば、悲しさを感じにくい人もいます。

そして「どんな動きのレパートリーがあるか」、さらに「どんな風に対人関係を持てるか」も見ていきます。つまりは、感情面と、身体面と、社会性と、認識、それらを統合していくのが、目指すところ。無意識にアクセスしていくワークなので、決まった流れはありません。そのため、セラピーの枠組みや構造は大事になります。

 

――音楽は使うのですか。音楽って一瞬で気分が変わるので、セラピーをするときにはかえって邪魔ではないかと。

 

神宮 音楽は、ダンスの下支えになるような使い方をしています。病院で患者さんのグループに対して行うときは、ほぼ使いますね。患者さんの病状に応じて、グループのムードに合うわかりやすいリズムの音楽を使ったり。個人セッションで、その人の動きのリズムやメロディのもとにワークをしているときは、その方の情緒表現をサポートするような音楽を使うこともあります。多くの場合、特別な状況を除いて日本語の歌詞のあるものは使いません。グループで共有できるリズムさえあれば良かったりする。ダンスが発展していくと、「ダンスそのもののリズム」で場が動いていったりするので、音楽が要らなくなっているんですよね。

 

――奥が深いですね。ちなみにDMTにはどんな効果があるのでしょう?

 

神宮 たとえば、アロマセラピーで「気分が良くなる」といったことも「セラピー」と呼ばれますよね。ただ、それらとDMTが決定的に違うのは、ただ気分が良くなるだけではなくて、なぜかいつも同じ状況でつまづいてしまう心のクセに気づいたり、悪循環のパターンを変えていく方法を見出せることです。そこをやっていかないと、心理療法にはなりませんから。そして、からだのチャンネルが開きやすくて自分の内面に向き合うことが得意な人と、そうではない人がいるし、そういった効果を求めない方もいるので、その人に応じたアプローチを相談しながら決めていきます。これは、「普通のダンス」と「ダンスセラピー」との違いでもありますね。

 

――セラピーとして「目的」を作ると、逆に「感情を出さなきゃいけない」と、自分にプレッシャーをかけて、ちょっと構えてしまうようにも思えたりするのですが。

 

神宮 それこそ、「そういう自分」を見ていけるのがDMTだと思いますよ。自己解放できないパターンを見つめていくので。

実は、内面にあるものがただバーッと放出されることが解決になるわけではないんですよ。ダンスセラピーって、一見シャーマンっぽく見えるかもしれませんし、解放されればいいと思われるかもしれないけれど、その人の意識や認知、社会生活、対人関係を通して統合されていかなければセラピーにならない。無防備に放出するほうが、逆に危険です。

 

――なるほど…。

 

神宮 とくに私は病院で働いているので、現実的に、安全な枠組みをつくりながら、解放するというバランスがとても大事になりますね。一気にトラウマが出てしまったら、それは失敗ですから。そうならないように、整えながら、時を待つ。

 

――「カタルシス系のワークが効く」と感じる方もいますよね。

 

神宮 ええ。ワーッといろんなものが賦活されていくワークもあって、それが向く人もいるとは思うんです。ただ、それが「カタルシス」であるか、という問題もある。カタルシスではなくて、感情失禁かもしれない。また、フラッシュバックのループが強化されてしまうことも十分起こり得ます。

 

ダンスとは、人と人とのからだの響き合い

 

――ダンスセラピーって、「踊ってなんぼ」みたいなイメージがあったんですけど。それ以外の部分のほうが大事なんですね。

 

神宮 やっぱり、関係性の中で起こることですから。スペシャルな体験をしたときって、「この人のこの眼差しのもとで、私のこの記憶がつながったな」と感じたりするんですよ。人と人とのからだの響き合いが大事。かたちにならないダンス、微細なムーブメント、姿勢、ちょっとしたジェスチャーとかそういったものが…。

たとえばね、トーン、トーンという何気ないリズムと、トントントントンっていう速いリズムでは、内的な体験が全然違うんですよ。ちょっとなだめすかすような、「落ち着いてきてるよね〜」みたいなリズムと、「はやく!どうにかして!」っていうリズムでは、全くクオリティが違う。そういうところもすごく大事にしていきます。

 

――はい。たしかに違う感じがします。

 

神宮 クライアントの動きにともなう情緒性に、セラピストが自分自身のからだを通して共感しようとする。そんな相互作用からこそ、こころの理解が深まって、調整された豊かな感情の表現が生まれてくるんです。

「ダンスとは、コミュニケーションである」と言う言葉を、マリアン・チェイスというDMTのパイオニアが遺しています。形のある振り付けを使うダンスではなくって、「私とあなたの間で、どんな身体の響き合いが生まれてくるのか」。それこそがダンス/ムーブメントセラピーのダンスです。

それから、発達心理の故・ダニエル・スターンが、「お母さんと赤ちゃんの身体の響き合い」を研究していて、それを「ダンス」と呼んでいたんですね。お母さんが赤ちゃんを抱っこしてて、赤ちゃんが左にちょっと動くと、お母さんがちょっとからだを右に傾けるみたいな、両者のからだの微妙なモールディング。からだがうまく、なじみあう感じ。肌レベルで共鳴し合う。これがDMTでいうところの身体的共感の源です。

 

――すばらしいですね。感動します。

 

神宮 DMTは、そういった意味の「ダンス」でもあるんですね。なので、何らかのからだの動きをしているクライアントに対して、いかにセラピストが入っていくかということがとても大事です。その人の世界を圧倒しないように、かかわっていく。

その人がどんな世界にいるのかなーっていうのを感じ取ろうとするところから、ダンスが始まる。セラピストである私は動かずに、クライアントが動いているのを見守り続けて、だんだんとクライアントのダンスに入らせていただく、混ざらせていただく。だから全部即興ですよね。最終的には、その人のからだの力を信じるところに行き着くのかなと思っています。

 

――その人のからだの力を、信じる…。

 

神宮 もちろん、ご本人の感じ方と、私の感じ方にギャップがあることもあるんですよ。「その人がそうおっしゃっているけど、私から見ると少し違うな」とか。それは私の見方が偏っている場合もあるし、患者さんの防衛から来るところもあるので、難しいですね。ほんとうにそこは謙虚に考えなきゃいけない。だから自分のクセがあることを自覚しつつも、お互いにすり合わせるプロセスも大事にしながら、ときには「いや、違います。私からはこう見えましたよ」と、はっきりと対峙することも出てきます。

とくにダンスは全身を使ってやりとりしていて、自己に直結している部分がすごくあるので、そこに踏み入っていいのかは大事なところですね。そこを「違う」と否定されると、クライアントさんがガクガクっと崩れ落ちて、存在や根底をゆるがせかねません。それは患者さんにとって大きなリスクです。ただ一方で、とても大事なターニングポイントのときもあります。

 

――からだを使うことは、全存在をかけたコミュニケーションだということですね。そういえば先ほど、「昔、演劇をやっていたときに『言葉じゃない』と思った」とおっしゃっていましたよね。神宮さんがそう思われた理由は何でしょうか?

 

神宮 ねえ。どうしてなんでしょうかねえ(笑)。その答えを求めて、うん十年やり続けているかもしれない。

言葉って大事な部分ではありつつも、それがいちばん重要なのではないと思うんですよね。今の社会は言葉で説明することを重要視するけれど、いったん言葉を置いたところでこそ、からだで感じてるものが、その人の、ほんとうの感情だったり、存在のありようが立ち現れてくるし、お互い感じられるのはあるんじゃないかなって。


たとえば、たくさん話してくれる方だけれども、その言葉とは全然違うものがからだに響いてきたりする。この人の痛みって何だろうって思ったりすることもあります。

でも逆に、言葉にこだわっているところはあって、「ほんとうの言葉を伝え合えるようになりたい」という思いはあるんですよね。そのためにもからだが必要で。からだを通した言葉がどう生まれ、響き合うのかということにも、すごく興味があります。

 

誰かと共に踊ることは、深く受容される体験となる

 

――最後に、DMTのゴールでどんなものなんでしょう。神宮さんから見て、「この人はもう大丈夫」というのはありますか? 

 

神宮 「もう大丈夫」と思っても、それがゴールとは限らない。人が成長していくことに終わりってないから。

ただ、セラピストとクライアントが、ひとつの山と谷を一緒に越えて、ある地点までたどり着いて、クライアントさんが違う道を選んで離れていく−−出会って、旅して、離れていくっていう作業は、すごく意味があることかなあと思いますね。その人の選択肢が広がって、違うことを試してもらえるようになったり、患者さんが退院していくという1つのゴールを共有したり。つながれた手が離れる。そこでひとつの「別れ」を一緒に体験します。そういうことにとても意味があると思います。

 

――たしかに、つらいことを一緒に体験して乗り越えた人との結びつきって違いますよね。部活とか。それってすごい支えになると思います。

 

神宮 そうですね。「戦友」みたいな言い方をすることはあります。セラピストとの間だけではなくて、DMTのグループの仲間でも体験することがありますし。

とくに精神科に入院して来られる患者さんは、そういうこころの結びつきが家族以外になかったり、職場で理解を得られていないことも多いので、病気であることも含めて「自分を出せる」というのは、ものすごい安心感を得られると思います。

(グループでワークをすることで、受容されているという体験も得られる)
(グループでワークをすることで、受容されているという体験も得られる)

 ――得るものがほんとうにたくさんあるのですね。

 

神宮 ええ。患者さんの多くが、こんな風に自分のことを考えたことがなかったとか、こんな風に人とのつながりを味わったり、その意味を噛みしめることもなかったとおっしゃいますね。

DMTは「からだ」っていう観点で人をとらえるので、からださえあればいい。なので、赤ちゃんでもお年寄りでも、どんな人に対しても行えます。動けない人に対して、セラピストが「からだの向き」でかかわろうとすることもできます。たとえば、寝たきりの人にDMTでかかわるのであれば、ベッドサイドにあるご家族の写真を見ながら、「姿勢が似てるわね」と全身(全存在)に着目して言葉を添える。動きの感覚にアクセスしにくい人であっても、そこには何らかの理由があるので、そこを一緒に見ていくことだけでも意味があります。「ダンスを選ばないあなたにとっても、ダンスセラピーは意味をもたらすのよ」って。そう思っています。

 

――ソマティックフェスタでも、神宮さんと、参加者の皆さんとの豊かなダンスが生まれそうですね。からだの響き合いを、日常の暮らしでも意識しようと思いました。ありがとうございました。

 

 

2019年8月某日 新宿の喫茶店にて 

(インタビュアー:半澤絹子、吉田裕子) 

ソマティックフェスタ2019

10月11日(金)12:50~14:40

<ダンスセラピー> 神宮京子さん

関係性の中で「イメージする身体」を探索する 

身体と身体による他者との共感的な関わりが心を育むと言われています。ダンス/ムーブメントセラピーの中核にある“ミラーリング”です。他者の身体や動きの質に同調しながら自身の身体や動きで鏡のように映し返す。その関係性の中で育まれる『イメージする身体』は何を感じ、体験し、気づくのか。探索していきます。


 <プロフィール>

神宮 京子(じんぐう きょうこ)

 

アメリカ・ダンスセラピー協会認定ダンス/ムーブメントセラピスト(訓練セラピスト)

日本ダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト・協会理事

一般社団法人日本クリエイティブ・アーツセラピー学会理事

一般社団法人日本集団精神療法学会認定グループサイコセラピスト

精神科病院勤務

「DMTLab」主宰

 

<現在の活動>

精神科病院にて、ループおよび個人セッションを行う。

他にトレーニング・セミナー/スーパービジョン/ワークショップを提供。