講師インタビュー 第5回 田中千佐子さん

 

 

今日の講師紹介は、田中ちさこさんです。

 

ちさこさんには、今回のソマティックフェスタでは、「アレクサンダーテクニーク&ベイツメソッド」と「ダート・プロシージャ-&AT」の2コマを担当いただきます。

 

普段は仙台を中心に活動されていますが、日帰りで東京にいらっしゃった時にインタビューをさせてもらいました。

 

 

 

 

 

◆まず、アレクサンダーテクニークとの出会いについて、教えてください。

 

◇出合ったのは12年前。喘息で苦しんでいて、いつお迎えが来てもいいように断捨離をしていた頃です。苦しくて、いろんな方法を試していてたどり着きました。

 

テーブルワーク1回受けただけで、2週間くらい楽に過ごすことができました。アレクサンダーテクニークは呼吸を大事にしていて、『自分にはこれが必要だ!』『これだ!!』と思いました。

 

というわけで、1回セッションを受けただけですぐにトレーニングコースに入りました。周りからは驚かれていましたね(笑)。なにせ、1回しか受けてませんでしたから。「すごいのが来た~」って。トレーニングコースは4年ほどで、計1600時間でした。

 

コースは、内面の整理をする時間でしたね。まだ、整理できてないものがいっぱいありますけどね。「これをどうすんだ~」と思っています(笑)。

 

それから、いろんな先生に師事しました。ジェレミー・チャンス、キャシー・マデン、サラ・バーガー、片桐ユズル、ロビン・サイモンなどなどの先生方です。それぞれの先生の人生をしっかり理解して自分なりのワークを作りたいという思いがあります。

 

 

 

 

 

◆アレクサンダーテクニーク&ベイツメソッドでは、どんなワークショップを考えていらっしゃいますか?

 

◇テーマは、「両眼視をして、中心視野を知ろう!!」です。

 

両眼視ができていない人が多いので、まずは両眼視とはどういうものかを体験してもらいます。そして、中心視野です。ちょっとした小道具を用意しているので、中心視野と周辺視野の違いを体感してもらいます。毎日使っている眼ですが、中心視野ってどんなものなのか、分かってもらおうと思います。

 

自由にものを見るには、気持ちも自由であることが大切ですね。普段やっている限られた動きから、やったことのない動きをやってみる。こうあるべきという概念を横に置いて、やったことのない動きを通じて可能性がどう生まれるか探求したいのです。

 

普段の考えは横に置くだけで捨てなくていいから、やってみませんか。

 

 

 

 

 

◆選択の可能性が広がることは、より自由につながるということですね。それを体の動きから入っていくのは、まさにソマティックですね。もう1コマの「ダート・プロシージャ-&AT」の方は、どんなワークになりますか?

 

◇ワークの名前のダートは、レーモンド・ダートから来ています。レーモンドは人類学者、医者であり、「アウストラロピテクス・アフリカヌス」を発見し、命名した人でもあります。アウストラロ・ピテクスは、猿と人間をつなぐ霊長類という位置づけです。

 

レーモンドの息子さんが脊椎側湾症で、イリーナというアレクサンダー教師のところへ通っていた所から縁ができました。解剖学の知識、背骨の進化の過程が、アレクサンダーテクニークにもたらされました。

 

ロビン・サイモンが進化の過程を深く学び、アレクサンダーテクニークのワークに取り込みました。ロビンは私の先生です。

 

 

 

その面白さは、「進化は背骨に表れている」という点ですね。

 

――魚の背骨はまっすぐで、動きは前に行く、目は両サイドです。陸に上がった両生類は、胴が土から離れ、危険や獲物を察知するために首が上を向きます。背骨にカーブができるんですね。四足のほ乳類になると下にくる内臓を背骨で保つために胸が湾曲します。――

 

といった具合です。

 

例えば、爬虫類の動きをやってみるとこんな感じです。頭が先に動いて、その後の軌跡を体が辿っていきます。

 

進化のプロセスをたどる動きをしていると目が楽に、背骨が柔軟になっていきます。そうすると、自分と楽にいられるようになりますね。簡単な動きのように思えますが、スポーツ選手や音楽家は、体幹がしっかりしていきます。

 

こんな動きをやってみたいですね。

 

 

 

 

 

◆動きから入って、「自分と楽にいられるようになる」というのも、まさにソマティックなアプローチですね。フェスタのワークを楽しみにしています。今日はありがとうございました。

 

◇ありがとうございました。みんな来てね!

 

 

 

 

 

(インタビューアー 山田岳)

 

 

 

 

 

ソマティックフェスタ2017 9月29日(金)

 

 

 

アニマル進化体操(ESW) ~背骨・眼・動きの進化を辿って 体軸づくり

 

12:45~14:30

 

カルチャー棟1F・小練習室10

 

お申込み https://spnworkshop.handcrafted.jp/items/7158834

 

 

 

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター  カルチャー棟

 

 

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3−1

 

【電車】 

小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分

地下鉄千代田線 代々木公園駅下車(代々木公園方面4番出口) 徒歩約10分

【バス】

新宿駅西口(16番)より 代々木5丁目下車

渋谷駅西口(40番)より 代々木5丁目下車